体に起こるアレルギー反応とは?

アレルギーとは、なんらかの原因物質に対して体が免疫反応を起こしてしまいます。そもそも体を守るための反応なのですが、それが過剰に起こることで体に対してよくない事が起こってしまいます。その種類は様々なものがあります。

 

身近なアレルギー反応として見かける、アレルギー性鼻炎・じんま疹、ぜんそくに加えて、薬に体が反応して起こるものもアレルギーと呼ばれます。これらは抗原と呼ばれるアレルゲン(アレルギー反応を引き起こす原因物質)が体の中に入ることで起こり、アレルゲンが体内に入るとすぐにアレルギー反応が起こるため、「即時型」とも呼ばれたりします。また、アトピーなどは遺伝的なものが影響して発症します。

 

体内に入り込んだアレルゲンに対してIgE抗体が体の中で作られます。これらのIgE抗体は細胞膜の上で肥満細胞と結合を行います。この状態でアレルゲンが再侵入すると、この肥満細胞上でIgE抗体と結合を行い、化学伝達物質と呼ばれるものを細胞外に放出します。この化学伝達物質が体に不利な反応を引き起こしたりします。

 

化学伝達物質にはヒスタミンなどがあり、これらが細胞外に放出されることで、周囲の組織に変化が起こります。例えば、毛細血管に空隙が多くなったり、血液中の水分濃度が濃くなったり、特定の筋肉の収縮が起こったりします。わかりやすく言うと、花粉によるアレルギー性鼻炎が起こり、鼻水・咳・くしゃみなどが体のアレルギー反応として起こります。

 

また、もっと危険な反応として、アナフィラキシーショックというものがあり、これは大量の化学伝達物質が一気に放出されることで血管が異常に拡張して血圧が大きく下がり、ショック状態を引き起こします。これは命に関わるとても危険なアレルギー反応です。

 

これらのアレルギー反応は、生まれつきの場合もあれば成長する過程で突然始まることもあり、予想がつかないのが現状です。もしも疑わしい症状が出たら早めに医療機関でアレルギー反応テストを受けてみるとよいでしょう。